宝慶寺について

宝慶寺

宝慶寺 (Hokyo-ji)

宝慶寺は大野市と池田町の境あたりに位置する禅寺で、中国宋時代の高僧寂円禅師によって開山された曹洞宗の第二道場。
永平寺とはその関係も深い。ここは今なお道元、そしてここを開山した寂円の仏門の心を脈々と受け継ぐ寺で、雲水は修行に励み、托鉢に回ります

宝慶寺は曹洞宗の古刹である。

福井県大野市、といっても、市街地を離れること十二キロ、清滝川上流、標高五百メートルの谷ふところにある。
大野の市街から車で約二十分、ゆるい坂道の参道は、両側にもみ、けやき、殊に杉の老樹巨木が連なり、深い緑に包まれている。
総門(参道から境内に入る正門)は、比較的小さいが、却って枯淡な味わいをかもして奥ゆかしい。
本堂へ入るのにくぐる山門は、優雅な楼門で、二階には美しい回縁がついている。

宝慶寺の開山は、宋の禅僧、寂円禅師である。

永平寺の開山、道元を慕って来日した。
道元亡き後、永平寺を去ってこの地に来り、銀杏峰の麓、谷あい深く分け入って座禅を組んだのが、宝慶寺創建のきっかけとなった。
鎌倉時代の中頃、今から七百年前のことである。
寂円禅師が来日するのは二十二歳の時であったが、既に幼少の頃から宋の天童山で如浄禅師の教えを受けていた。
そして寂円十九歳の時、日本から留学し如浄に参学した道元と相見え、
次第に道元の人柄に惹かれて、ついに師弟の関係を結んだとされている。

如浄一門は只管打坐の教えに徹していた。

打坐の行を以って修行の真髄に迫ろうとする。そのためには、「焼香、礼拝、念仏、修懺、看経を用いず、只管打坐あるのみ」(道元「宝慶寺記」より)と言って、打坐の純化と絶対性を追求したのである。
如浄自ら、夜は十時まで座禅し、早朝二時から座禅に入ったという。
只管打坐は永平寺にも宝慶寺にも受け継がれて、今日に及んでいる。(以上引用)

主な寺宝


鎌倉名越白衣舎示誡
本文書は、寶治2年(1248)2月14日、道元禅師の鎌倉下向の際に名越の白衣舎即ち檀那の家において書かれた示誡である。

如浄禅師像

道元禅師観月の像

僧堂

昭和61年10月17日新築。間口9間、奥行き6間半。
内堂外堂の単に合わせて約50名坐禅できる。真に修行したいと思うものは、誰でも修行僧と同じような生活を体験することができる。予約が必要。

伊自良氏の寄進状

寂円禅師入寂の年、正安元年[1299]10月18日の知円沙弥の寺領寄進状と貞治4年[1365]の円聡沙弥の寺領寄進状が、宝慶寺に残されている。

重文 旧橋本家住宅


宝慶寺の里には、中世以来宝慶寺の門前村として続いてきた。
橋本家は門前村の庄屋を勤めた家柄であり、江戸時代中期18世紀前半頃に建てられたものである。
雪国における、木割の太い建築手法が認められて、昭和44年12月18日国の重要文化財に指定され、大野市に寄付された。
市ではこれを宝慶寺山内に移築、従事をしのぶ住居の再現をみることができた。
平成6年秋に屋根をふきなおした。
市では、観光を兼ねて古い囲炉裏を活用するため、毎年5月から10月までの日曜と祝日に限り開放して、宝慶寺檀家の人に火の番と見学者への説明役を委託している。
撮影はすべて 森 考嗣氏による

宝慶寺の詳しい歴史については宝慶寺の歴史をご覧ください。
宝物や僧堂などについては境内の案内境内の案内もご覧ください。